BLOG ブログ

「世界で自分の将来を考える旅 in シリコンバレー」 2日目(2015年7月実施)

2016年1月23日

全て

世界で自分の将来を考える旅 in シリコンバレー

<7月29日(水)2日目>

時差ボケの影響で眠気が残る中、朝6時に起床し活動をスタート。公共交通機関を利用して、サンノゼからサンフランシスコに移動しました。バスを降りる時の合図の仕方、電車の車両など日本とは異なるものに興味津津。アメリカの文化を肌で感じました。2日目の最初は日本領事館を訪問し、職員の田坂克郎氏からシリコンバレーの多様性と日系人の歴史を学びました。日系人は自分達が経験した辛い出来事を、次世代の子供たちに受けさせたくないという強い思いから、アメリカのために尽くしました。自分以上に他人のことを考え、未来のために行動するという視点は参加者達にはとても新鮮だったようです。

11846623_736761709763913_1096044557692477949_n  150730_SPR0103  150730_SPR0076

0562150730_SPR0162092

続いて、サンフランシスコ市内でカレーのフードトラック「JapaCurry」を起業し経営するJay Hamada氏を訪問しました。多くの困難と真摯に向き合いながら、挑戦と失敗を繰り返してきたご自身のキャリアをお話いただきました。目の前のことを、謙虚に、一生懸命やっていくことが大切だと話してくれました。アメリカでも、日本人としての価値観を大切にしているというお話は、外から自分達の国を見つめ直すいいきっかけとなりました。

 

続いて、お時間をいただいたのは、サンフランシスコと東京を拠点にするクリエイティブエージェンシー・Btraxの創業者のBrandon氏からお話を伺いました。『Fake it until make it 』 をモットーに挑戦を続けるBrandon氏に参加者は大きく刺激を受けました。敢えて厳しい環境に身を置き、自分を成長させる。という姿勢が印象的でした。

150730_SPR0227        150730_SPR0235

最後はTwitter本社を訪問し、エンジニアとして活躍する大石さんと対話形式でセッションを行いました。『いきなり大きな目標を立てるのではなく、短期の目標を立て、それを1つずつ積み上げていく。結果として、それが志に繋がっていく』と話してくれました。

DSC_0426        uvs150928-003

お問合せ CONTACT

GoodTry JAPAN

「世界で将来を考える旅」について、
当社スタッフより、詳しく説明をさせていただきます。
お電話・FAX・メールいずれでも構いませんので、
お気軽にGood Try JAPANまでお問い合わせください。

お問い合わせ